話題の自動車・バイク

[動画] HREホイール工場への密着取材映像!! アメ鍛が出来るまでの過程

投稿日:

 

スティーブさんが取材へ向かったのは「HRE Performance Wheels」
そう、アメリカ製鍛造ホイールメーカーの一社です。

動画1

スポンサードリンク


動画2

何故アメ鍛は高いのか??その秘密がこの動画で明らかになります。

ws002201849
まず、最初は50kg程の材料ですが、完成時には約10kg程となります。
4本で200kgのアルミ材です。
ws002201851
要するに、材料の80%(5分の1)は最終的にはアルミカスとなってしまいます。
削り出しは贅沢ですね… そして削られた部分はリサイクルとなる様です。

ws002201852
そしてこちらはポルシェ918のホイール。
トータル800ps近い、トップクラスのスーパーカー(ハイパーカー)用のホイールです。
最初は機械で削り出していくのですが、その後は職人が手作業で磨いていきます。
ws002201853
一つのホイールに沢山の時間を掛け磨き上げるので、やはりそれなりの納期が掛かります。

そしてパウダーコート。
粉体塗料を静電帯電で付着させ、最終的に焼き付け塗装で仕上げます。
ws002201854
パウダーコートで仕上げることによって、塗料とホイールの密着も非常に強固になり、砂利などのダメージから守ります。

3ピースホイールは、手作業によるシリコン接着もあります。
なんとピアルボルトはチタン製。
ws002201855

総括

デザインが豊富なアメリカ製鍛造ホイールは、このような理念の元作られていたのですね。
価格や納期の長さは、単に海外だからというだけでなく、受注されてから完成まで仕上げるその理念によるものでした。
これだけの拘りを考えると、「単なるパーツ」ではなく「芸術品」という言葉がしっくりきますね。

最後に、取材へ行かれた スティーブ的視点 Steve’s POV 様、お疲れさまでしたm(__)m

Faccebook like

ad

スポンサードリンク

ad

スポンサードリンク

-話題の自動車・バイク
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)

関連記事

[動画] CA18改600馬力の180SXが、ヒルクライムを全力疾走!! [200SX]

180SX(200SX)の走行動画です。 ※輸出地域によっては、CA18を積んでいても200SXで販売されていた地域があります。 SR20ではなく、あえての(?)CA18DETをチューン!! 今の技術 …

[動画] ハコスカを完璧に洗車! 細かいディティールまで伝わるPV

ハコスカをただ洗車するだけの動画…とってもそのクオリティが半端ない!! これでもか!!というぐらい細部まで磨き上げます。 たかが洗車されど洗車!!究極を追及することもできますので、本当に「 …

[動画] 名古屋30ソアラミーティング&クルーズの様子

名古屋のソアラオフの映像が投稿されていました。様々なジャンルのソアラが集合しています。走ってる姿が美しい・・・・ 純正にはたしか黒色がなかった??ような気がしますが人気ですね。  動画なのでダークグリ …

[動画]半端ない強度のステーで支えられているブカッティ・ヴェイロンの可変リアスポイラー

威力絶大!! ブカッティ・ヴェイロンの可変リアスポイラーの動作動画です。 単純に上に出てきてダウンフォースに貢献するだけでなく、大きく起き上がる「エアブレーキ」機構も搭載。

[動画]1233馬力!?VWゴルフ2のゼロヨンタイム、なんと8秒台(笑)

旧型ユーロハッチはただでさえ軽いのですが・・・・・このゴルフ、なんと1200馬力オーバー(笑) ホットハッチすぎる、、、これでは心が燃え尽きてしまいそうですw その他ゼロヨン画像紹介動画はコチラから