話題の自動車・バイク

[動画] HREホイール工場への密着取材映像!! アメ鍛が出来るまでの過程

投稿日:

 

スティーブさんが取材へ向かったのは「HRE Performance Wheels」
そう、アメリカ製鍛造ホイールメーカーの一社です。

動画1

スポンサードリンク


動画2

何故アメ鍛は高いのか??その秘密がこの動画で明らかになります。

ws002201849
まず、最初は50kg程の材料ですが、完成時には約10kg程となります。
4本で200kgのアルミ材です。
ws002201851
要するに、材料の80%(5分の1)は最終的にはアルミカスとなってしまいます。
削り出しは贅沢ですね… そして削られた部分はリサイクルとなる様です。

ws002201852
そしてこちらはポルシェ918のホイール。
トータル800ps近い、トップクラスのスーパーカー(ハイパーカー)用のホイールです。
最初は機械で削り出していくのですが、その後は職人が手作業で磨いていきます。
ws002201853
一つのホイールに沢山の時間を掛け磨き上げるので、やはりそれなりの納期が掛かります。

そしてパウダーコート。
粉体塗料を静電帯電で付着させ、最終的に焼き付け塗装で仕上げます。
ws002201854
パウダーコートで仕上げることによって、塗料とホイールの密着も非常に強固になり、砂利などのダメージから守ります。

3ピースホイールは、手作業によるシリコン接着もあります。
なんとピアルボルトはチタン製。
ws002201855

総括

デザインが豊富なアメリカ製鍛造ホイールは、このような理念の元作られていたのですね。
価格や納期の長さは、単に海外だからというだけでなく、受注されてから完成まで仕上げるその理念によるものでした。
これだけの拘りを考えると、「単なるパーツ」ではなく「芸術品」という言葉がしっくりきますね。

最後に、取材へ行かれた スティーブ的視点 Steve’s POV 様、お疲れさまでしたm(__)m

Faccebook like

ad

スポンサードリンク

ad

スポンサードリンク

-話題の自動車・バイク
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)

関連記事

[動画] トヨタ・センチュリーが、ギャップのあるV12スーパーカーサウンドを放出!

トヨタ・センチュリーといえば、日本が誇る静粛性能最強の車というイメージ。 そのV12エンジンは故障時に片バンクだけでも走るという頼もしさと静粛性能など、高級送迎車としての配慮が行われている。 ハイオー …

[動画]日産公式のGT-R動画に触発され、過激なクリスマスツリーの片付けを行う

日産公式の「クリスマスツリー片付け動画」では気が済まなかったらしく、自分で片付け方を公開。 片付けというか、消滅させちゃってますが・・・

[動画] 2JZでハイカム風サウンド!? by JZS161アリスト

低速でのバラつき….ハイカム特有の音を再現した16アリストです。 ECU書き換えでアイドリングを弄ってるようですね。 元々アイドリングが低い車両なので、際立ちます^^; その他マフラーサウ …

当時流に拘った!(※勢いまで) PGC10ハコスカGT-Rを街道レーサーへ…(競技車!?!?)

「昔の勢い」も思いっきり再現! スタイルも懐かしの街道レーサースタイルですが、なんとベースが初期側の4ドアGT-R。 ・・・・・最初は正統派スタイル(落ち着きがあると言います)でしたが、先輩の車両を見 …

[動画]S14シルビアのバックタービン仕様のサウンド![豪快]

綺麗なS14シルビアの紹介です。 この動画は、日本のバックタービン仕様のサウンドでは一番有名??やはり良く撮れています。 吹き返し仕様なので賛否両論分かれますが、とりあえずサウンドのほうお聞きください …