話題の自動車・バイク

[動画] 40台限定の過激な新型ランボルギーニ・センテナリオ [2億円越え]

投稿日:

WS002201473

新型ランボルギーニの限定モデルは、なんと40台!!
ランボルギーニ・センテナリオはアヴェンタドールをベースに、外装がよりアグレッシブに。
ディフューザーの様なラインが目を引きます。

スポンサードリンク


アヴェンタドールSVよりもパワーアップし770psとなります。
自然吸気6.5Lでこの馬力は凶悪ですね…
しかも車体はカーボンモノコックで車重1520kg。
例えるならば、車重はR34GT-R等に近い数値です。

WS002201474

前255/30 ZR20、後355/25という太めのタイヤに、4輪操舵システムを採用。
4輪操舵というとプレリュードのAWSやHICAS等懐かしいイメージですが、最近はスポーツカー・スーパーカーを中心にまた採用が
増えています。

 

Faccebook like

ad

スポンサードリンク

ad

スポンサードリンク

-話題の自動車・バイク
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)

関連記事

生前のポール・ウォーカーの愛車達!勿論、あの車も・・・・

ついに日本でも公開された「ワイルドスピード・スカイミッション」 この動画を見ると、ポールの車への愛が伝わってきます。 ワイスピは永遠に不滅です・・・・

[動画] ニッパチサウンド! 5Mエンジン搭載の10系ソアラ2.8GTのデュアルエキゾース

ハイパワー&上で炸裂する直6ターボのサウンドも痛快ですが、自然吸気らしい直6サウンドも魅力的。 今回はRBでもL型でもJZ系でもなく、10ソアラ時代に採用されていた2800ccのデュアルエキゾースト動 …

[動画]普段は見れない!?エンジン回転数14000rpmの、カムシャフト付近の様子[エンジン]

バルブスプリングとカムシャフトが駆動している瞬間を捉えた、カットモデル動画です。 普段は見ることができない部分ですが、果たしてどうなっているのでしょうか!? 回転数は、バイククラスの高回転、14000 …

[動画] 海外からも取材された昭和時代の名残「昭和倶楽部」

改造車、いわゆるカスタムカーは「不正」から始まりました。 所謂改造が禁止されていた時代です。 当初は、走り屋と暴走族の区別も曖昧でしたが、そこから流派のように分かれていきました。 ただ一つ言えるのは、 …

[動画] ワイルド・スピード SKY MISSION 日本語版公式PV公開!

ワイルドスピード・スカイミッション(フューリアス7)日本語字幕付きトレーラーPVが公開中です! 来年春が待ち遠しいですね^^ ユーロ→空へ・・・・ 毎回期待を裏切りません!7作目は中東で暴れるようです …