自動車コラム 自動車改造方法(テクニック) 話題の自動車・バイク

[動画あり] 軽カーの常識を覆す、独立アクスルキットとは??[公認取得可能]

投稿日:2015年10月27日 更新日:

軽自動車・コンパクトカーのFF車のリア足回りで多いトーションビーム式などの「左右直結アクスル」採用車。

採用することにより構造が単純になり、この方式のお蔭で軽自動車やコンパクトカーが安価で買えることは間違いありません。
小型量産FF車の用途を考えれば、問題ないレベルでしょう。(ノーマルなら)

しかし、足回りを硬くしたり、ツライチにする等のカスタム行為を行うと問題が出てきます。
リア左右は垂直または若干斜め(ラテラルロッド採用車)にボトムします。これではキャンバーがついていてもボトムしたらホイールやタイヤに接触してしまうのです。
しかも、片側の接地面の状況にかなり左右されます。
リアが段差を乗り上げる瞬間に違和感を感じる方もいるでしょう。

それを解決することができるのは「独立アクスルキット」。
「アヒル商会」がリリースするこのキット、なんと改造アクスルにも関わらず公認取得まで可能です。

スポンサードリンク


独立の動きをジャッキを使って確認してみたという動画もご紹介


 

動画はツライチ車両の走行動画ですが、逆にツライチ車両がボトムした際も同じ動きをします。
サスがボトムするとき、内側に動くのです。
WS001000528
↓こんな感じに↓
WS001000529

普通のアクスルなら、リムにヒットしてしまいますが、セダンその他それなりに乗り心地を重視したグレードのように、内側に入り込みます。

これは決して車高短やツライチのような改造車だけでなく、一般的なスポーツ走行をされる車両や街乗りの乗り心地でも効果を発揮します。
左右の足回りが独立して動くので、左右の凹凸に差がある路面や、片側に強い荷重が掛かるスポーツ走行でも安定した接地が見込めるのです。

しかも驚いたのが、公認取得が可能という点。これは正直驚きました・・・・・
たしかに上記のリア左右独立を作ってしまえる方もいます。アクスル加工やサスの構造自体を変更して。
でもそれでは、基本的に車検など通らないショーカーやサーキット限定な仕様となってしまいます。

「安価なFF車の後輪なんて、回っているだけ」
そう言う方も多いですが、その足回りに拘ってみるのも、個人の自由。
物が物なのでお値段もそれなりですが、それでも一歩突き詰めた仕様にしたい方にはオススメと言えるのではないでしょうか??

購入される方はやはりハードなカスタムの方が多いようですが、軽自動車に乗らなければならない必要がある方でも、走りや乗り心地を意識して導入されている方がいるようです。

今後は、コンパクトカー等「リア独立仕様を採用するかされないか微妙だった価格帯」の車両でも需要があるかもしれません。

「高額車両だろうが、軽自動車だろうが、好きになった車に拘ってみる。」
そんなカーライフも素晴らしい選択でしょう!

紹介させて頂いたアヒル商会さんのHPはコチラから。軽自動車の独立アクスルが多くラインナップされています!
http://www.super-duck.jp/

 

Faccebook like

ad

スポンサードリンク

ad

スポンサードリンク

-自動車コラム, 自動車改造方法(テクニック), 話題の自動車・バイク
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)

関連記事

[動画] 正面から見ると普通のスマートですが… [特装車]

正面からみると普通の「スマート」ですが、なんかホイールが多い気が…

[動画]劇的な変化!! スカイライン(RB25DET)のフライホイール交換による吹け上がりの違い!(ER34)

ER34 RB25DETのフライホイール比較動画です。、非常にわかりやすい! 純正と社外・・・そして重ねて再生となりますが、軽量化でここまでに変わるとは(;´Д`)

[動画] 荒地でドリフト&オフロードを楽しむ、ハイリフトな350Zが渋い!![Z33]

珍しい、オフロード仕様のZです。 海外では、スポーツカーのハイリフトが少なからず存在します。

[動画] 定番の缶スプレーで、ボロボロホイールのCE28Nをブロンズ塗装! [DIY]

ニッペのアルミカラースプレーでブロンズホイールへ早変わり!! ネットでは定番の方法です、ホイール色をどうしようか悩んでいる方は必見! アルミカラースプレーですが、たしか元々が暗めなので、ゴールドMを選 …

[動画] 奇跡!?・・・大冠水を無事突破したNSX。

動画始めでは、ほぼ車両を飲み込むほどの深さの冠水地帯を走るNSX。 なんとか渡り切りましたが、もう少し深ければ、帰ってこれなかったかもしれません。