話題の自動車・バイク

[動画] 海外からも取材された昭和時代の名残「昭和倶楽部」

投稿日:

WS001000387
改造車、いわゆるカスタムカーは「不正」から始まりました。
所謂改造が禁止されていた時代です。
当初は、走り屋と暴走族の区別も曖昧でしたが、そこから流派のように分かれていきました。
ただ一つ言えるのは、「街道レーサー」「Bousouzoku」は日本独自の文化だということでしょう。

レース流れでボディの大型化、それが変わっていった姿が街道レーサーです。
そして、海外の人にそれは物珍しく映ったのです。他国にはない珍しいアウトロー文化なのでしょう。

スポンサードリンク



WS001000388

暴走行為は、勿論違法。
撲滅され、実際に昭和時代から比べれば激減したと言っていいでしょう。

平成になってからは一定までの改造が認められ、過激な改造が避けられる文化にもなりました。

そして、現在は名残のように残っています。
現行車を弄って・・・という流れは全くと言っていい程無く、旧車と運命を共にする文化なのかもしれません。

(※暴走行為は法律により取り締まりの対象です)
(※街道レーサー仕様の中にも、懐かしむような仕様では竹槍マフラー含めフル公認の場合があります。)

 

Faccebook like

[yahooauc key=”街道レーサー” hits=3 cate=26318 ]

ad

スポンサードリンク

ad

スポンサードリンク

-話題の自動車・バイク
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)

関連記事

[動画 ] 「”SUV”かと思った…」30インチ&フローター装着のBMWセダン750Li

「パッと見、前から見るとSUV。」そんなBMWの7シリーズセダン。 原因は30インチの大径ホイール。タイヤは超低扁平の315/20ZR30。このサイズでZR規格が!?!?(笑) 走行動画は、リアのフロ …

[動画]ブラジルの障害者向けスペースに止めた車、違反切符&盛大なイタズラに合い大恥

日本では、意外と健常者で車椅子マークに止める人多いですよね; そんなことをブラジルで行うと・・・・このような仕打ちに合うようです これにはオーナーも激怒だが、そもそも身から出た錆。 怒ろうにも、ギャラ …

お婆ちゃんに貰ったS30Zを若いころに売ってしまった…10年間探し出し買戻し&フルチューン!

16歳の頃に祖母からS30を譲り受けたオーナー。 まず、自分のお婆ちゃんがS30に乗っているだけですげぇ!と思ってしまいます。流石海外、スケールが違う! しかし、金銭的に困り2年で売ってしまったとのこ …

[動画] 40台限定の過激な新型ランボルギーニ・センテナリオ [2億円越え]

新型ランボルギーニの限定モデルは、なんと40台!! ランボルギーニ・センテナリオはアヴェンタドールをベースに、外装がよりアグレッシブに。 ディフューザーの様なラインが目を引きます。

[動画] これが直6ターボセダン! JZS161トヨタ・アリストのフル加速動画 [激速]

16系アリスト300V(ターボモデル)の加速動画です。 トヨタのフラッグシップGTであったスープラにも搭載された2JZ-GTEを搭載。 (NAモデルは数多くの車種に搭載されましたが、ターボモデルはスー …