話題の自動車・バイク

[動画] ドリフト上手過ぎ!GSX-R1000エンジン搭載の自作マシンを、手足の様に操る!

投稿日:2015年9月30日 更新日:

WS001000158

一から作った自作フレームに、GSX-R1000のハイパワーエンジンを搭載。
(※年式にもよりますが、純正ギア比だと1速で150km/h以上のモデルもあります)

この手の改造は海外では割と多く、カートに積んで「手に負えないマシン」になることが多いのですが・・・・・

 

スポンサードリンク


このオーナーは、なんと華麗にドリフトを披露!
狭い場所でもお構いなし・・・・これほどの余裕なドリフトは、よっぽど慣れたマシンでなければ不可能。
ましてやエンジンがじゃじゃ馬・・・・

これだけホイールベースも短い車両ですが、足回りなど相当拘っているようです。
自作の恩恵でしょうか??それにしても上手です。あっぱれ!

 

Faccebook like

ad

スポンサードリンク

ad

スポンサードリンク

-話題の自動車・バイク
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)

関連記事

[動画] 意味など求めてはいけない!分裂するカスタムカーが登場[別々で動きます]

どう考えてもドッキリ専用なこの車。 なんと分裂して、さらに別々にパワートレインがあるようです・・・(;´Д`)

[動画] 至る所までチューニングされた500馬力のインプレッサワゴン[STI仕様]

純正外装パーツを流用しているこちらのインプレッサワゴンですが… なんと500馬力(笑) それだけではありません!!至る所が社外パーツ(笑) ホイールも前後9.5J+255/35R18です。 …

高速スピンターンでバックギア無しでカートをバックさせ車庫入れ! 才覚を垣間見せる少年

練習のしすぎか!? バックギアがついてなさそうなカートで高速スピン→素早いバックで車庫入れ! こんな高速車庫入れ、免許持ってる人でもできないです・・・ その他カートに関する動画紹介はコチラから

[動画] トヨタ・86のシューティングブレークコンセプトが公開!! [狩猟用クーペワゴン]

シューテングブレークとは、元々は狩猟用ワゴンの意味合いが強かったのですが、 現代では主にスポーツクーペの要素を持つスリークなステーションワゴンに対して用いられています。 (フェラーリ・FF等が有名) …

渋い!! R32GT-Rとワタナベのコラボレーション [BNR32]

R32もインチアップする車両が多いですが、こちらの車両はワタナベホイールと 分厚いタイヤのコラボレーション!! この渋さ...好みの方も多いのではないでしょうか^^