自動車コラム

意外と奥深く難しい・・・身近なオイル交換について[疑問だらけ]

投稿日:

WS001000145
自動車のメンテナンスで、身近なものといったらやはり「オイル交換」だと思います。
これが不要な車両はありませんし、エンジンにとって血液の如く重要な要素。
しかし、、、なんとなく交換している方が多いのも事実。頻度が多ければいいのですが、逆に殆ど交換しない人はエンジンコンディションは当然の如く悪くなります。
(13万キロ走ったアウディTTは泥が入ったような状態でした。恐ろしい・・・・・)

今回は、そんな「当たり前と思われているオイル交換」にスポットを当てていきたいと思います。

ちなみに、今回の動画紹介は「電動オイルチェンジャー」の作業動画です。
個人的に気になったので、載せさせて頂きます。

スポンサードリンク


 

オイル交換時期の目安

3000km,5000km,7000km.10000km….と、人によって異なりますが、走行距離を目安に交換するケースが最も多いと思われます。

走行距離を頻度とすると、少ない方がコストはかかりますが、エンジンには良いという考え方になります。
しかし、同じ期間でも「短期間での5000㎞」と「殆ど乗らずに、期間が経った5000km」では、状態がかなり違います。

趣味性の高いバイクでは当たり前の様に行われていますが、長期間保管(乗らなかった)車両のオイルは走行が少なくても交換するケースが多いです。
いわばオイルはナマモノのような存在で、一度開けてエンジンに入れたら劣化するので、距離だけでなく時間が経ったら交換が基本です。
時間経過の目安としては、1年経ったら交換したい所です。

 

特に交換頻度に気をつけるべき仕様の車は??

近年はタイミングベルト非採用の「タイミングチェーン」車両が再び増えてきました。
切れないように色々と工夫されているので「交換不要」となっており、無交換前提で組み込まれています。
しかし、これによりオイル管理は若干シビアに。
普段からしっかり交換している人は問題ありませんが、5000km毎ぐらいでの交換を推奨している様です。

また、最近伸びてきているディーゼルターボ車も要注意。
オイル交換はしっかりと行うことが重要となってきます。ディーゼル=長持の印象がありますが、しっかりと日ごろのメンテナンスされていることが大前提です。
(※例外で、長距離路線トラック用にロングライフのオイルが作られているケースがある様です。また、欧州車はディーゼルのオイル交換スパンが長いというケースも・・・・)

スポーツカー等、走る為の車にお乗りの方は・・・しっかりとオイル交換されているケースが多いですね。
エンジンも回しますし、オイルは生命線となっています。
スポーツカーの場合、頻度よりも「銘柄や粘度、化学合成か鉱物か、使用環境による違い等…」を含めた非常に奥深い選択となっていきます。
でも、基本はやはり「ある程度の頻度でしっかり交換」。高いオイルでも使いっぱなしでは性能は発揮できません。

 

オイルフィルター交換頻度

出来れば毎回・・・と言いたい所ですが、メーカーからはオイル交換2回に1回のフィルター交換が推奨されます。
この基準もオイル交換頻度によって変化するポイントだと思います。
※車両によっては、毎回交換が推奨されている車種も存在します

 

自分でやるか?ショップでやるか?

正直・・・・・これも様々な議論が飛び交う部分と言えます。

信頼している人に、しっかりやってもらいたい!という意見が多いです。
それができればベストですが、量販店で交換依頼をして、新人アルバイトさんが交換することもあります。
(※新人アルバイトさんでも、凄くしっかりやってくれる人もいます。逆に、長く勤めていてもずさんな交換方法の方もいるかもしれません)

また、人によって「オイルが殆ど抜け切ってから交換したい!」という人も。
これはショップからすれば、時間が掛る作業ですので限界があります。あの手この手でオイルを出し切ってから交換したい人は、おのずとプライベート交換となります。

基本的な部分に触れましたが、これ以外にもまだまだ考慮するべき部分が沢山あると言えます。
間違いなく言えることは「車両や使用状況によって、交換頻度に注意が必要」という点です。

何気ないメンテナンスですが、これだけ深く語りつくせる「オイル交換」。

 

Faccebook like

[yahooauc key=”オイル” hits=3 cate=26318 ]

ad

スポンサードリンク

ad

スポンサードリンク

-自動車コラム
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)

関連記事

[豆知識] 4ナンバーの規格では排気量は2000cc制限ですが…ディーゼル車は排気量無制限!

通常5ナンバーや4ナンバーの規格は全長4700mm以下、全幅1700mm以下、高さ2000mm以下となっています。プラス、排気量2000cc以下です。4サイクルガソリンエンジンの場合はですが・・・・ …

[動画] 圧縮空気でブレードを回し、タービンのみが発する音を聞く [GT2540]

コンプレッサーの空気でタービンを回してみた!!という動画です。 実際の排気に比べればまだまだな回転ですが、それでも音がします。 (歯医者っぽいというコメントも・・・・w)

[動画] JAF、ハンドルロックの解除方法をホラー映画風に解説 [初心者向け]

普通に説明しても見てくれる人は少ない… そう考えたJAFさんは初心者向けのトラブルシューティングをホラー映画風にしてしまいました(笑) 設定が少々強引すぎる… けどそんなシュー …

[動画] これが職人技!! デントリペアの作業風景 [CX-5]

この↑の傷がペイントレスで修復できちゃいます!! これはペイントレスデントリペアの職人さんが、作業を行っている最中の動画です。 (単にデントリペアと呼ばれることが多い)

[動画] 剥がせる塗料でマジョーラような色変化!? [ラバーディップ]

マジョーラの様な偏光性塗料の色変化を剥がせる塗料で!?。 ラバーディップ カラーシフトパールの塗装風景&色変化動画です。 どうせ剥がせるなら、他にはない色・派手な色を楽しみたい… …