自動車コラム 話題の自動車・バイク

[この時代にファン多し] 1990年代のフラッグシップスポーツカーの加速を比較!

投稿日:2015年7月26日 更新日:

WS000219
1990年代のスポーツカーは、なんとなく「抑えられた大馬力」の時代という印象ですね。
ノーマル~ライトチューンではどれくらいの加速なのか??それぞれ車両のスペックも合わせて比較してみてください。

スポンサードリンク


先ずは第二世代GT-Rの加速からです。

BCNR33 1998年最終型Vスペック
ノーマルタービン&ブーストアップ+ECU書き換え+その他補器類変更の仕様です。
ブースト1.2kgとノーマルタービンではちょっときつめの??ブースト圧ですが、
485hp (Bosch)Torque : 56.5kg/m (Bosch)
と、ボッシュのシャシダイだと思われますが、かなりの馬力を記録した様です。
ノーマルタービン+ノーマル書き換えECUではあるものの「ライトチューンと呼べるのか??」と言われると若干迷いますが、これが第2世代GT-Rのポテンシャルの高さなのでしょう。申し分ない加速です。

 

次に、JZA80スープラの加速です。


ブースト1.2キロですが、補器類などは上のBCNR33の動画と比べるとノーマルが多いようです。
約400馬力仕様。FRなので低速でのロスは多いですね。(タイヤにもよりますが・・・
0-100 km/h – 4,8 sec.
0-160 km/h – 10,2 sec.
0-200 km/h – 14,4 sec.
0-240 km/h – 21,1 sec.
と、150km/hからの伸びが凄いです。ノーマルはかなり抑制されていますね。

 

続いて初代NSXの加速動画


吸排気に拘っているようです。
正直、NAだからと侮れない超加速です・・・軽量&MRでトラクションが良いのでしょうか??
VTECでやる気にさせる、乗って楽しいスーパーカーでしょう。

 

三菱GTO(海外名3000GT)の加速動画。


ほぼストック??しかし、出だしは速いですね。車重が軽ければ更に速かったでしょう・・・
そしてロータリーのRX-7(FD3S)

ノーマルタービンでブースト0.9とのことですが、エンジン降ろしが多い車種なのでポートは弄ってあるかも??
強烈な加速です。回転の上がり具合が最高ですね・・・・ロータリーの醍醐味でしょう。
このように、ガソリンを食うハイパワーマシンが1990年代フラッグシップの特徴でした!
しかし、その引き換えに得られる加速は素晴らしい・・・・・これだはその後の日本車が、大人しく感じられてしまうのは仕方のないことですね^^;

 

 

Faccebook like

ad

スポンサードリンク

ad

スポンサードリンク

-自動車コラム, 話題の自動車・バイク
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)

関連記事

[動画] チューニングにより変貌!ロータリーの歴史を支えた12Aサウンド!

やはり13Bのパワー面が強く出ることが多いですが、今回は12Aロータリーサウンドを紹介します。 今思えば、20年もの間ロータリーの歴史を支えました(様々な車種で)。 最終的には、ペリ仕様レースキットで …

[DIY動画] カラフル仕様にも!? 簡単にカーボン調塗装を施す方法

手軽なカーボン調に塗りたい!! そんな時はDIYアイテムが役に立ちます。 この動画で紹介している以外にも、カーテンのレース等・・・・気に入った柄があったら購入しておくと良いカモ!?

[動画] シュールすぎる…ひっくり返った家に、ひっくり返って走るBMW [倒立]

以前、裏返しでサーキットを走るカマロやトラックを取り上げましたが、今回もまたシュールです^^; BMWもひっくり返っていますが・・・・なんと家もひっくり返っています(;´Д`) その他クレイジーな動画 …

[動画】2ストロークV8気筒エンジンを載せた、タコ足チャンバー車両が現れる [2st]

KHやマッハ、RZなどの旧車も少なくなった現代。 2輪でさえ2ストロークはかなり減少しつつありますが・・・・ 新たにV8気筒2stエンジンを搭載した4輪車が登場^^;

改造車の「ユーザー車検」事情。特に気を付けなければならない注意点とは??

「ユーザー車検とは…」 ユーザーが自ら陸運局に車両を持ち込んで、継続検査を受けること。 ユーザー車検のメリットは、なんといっても価格!! 自分で車を持ち込んで車検を通せば、最低限の法定費用 …